給湯器が故障する主な原因

給湯器が故障する主な原因には寿命が挙げられます。一般的に給湯器の寿命は8〜10年程度といわれていますが、これは内部にある部品の耐用年数と考えられています。また給湯器に過度な負担をかけてしまうと、寿命前でも故障する原因となるので注意が必要です。

ガス給湯器と電気給湯器の違いを比較!

シャワーの勢いの違い

ガス給湯器は水道圧の勢いを利用してお湯を使っているのに対して、電気給湯器はタンク内で減圧されたお湯を使用します。このことから、ガス給湯器の方が電気給湯器に比べてシャワーの勢いが強いです。

設置スペースの違い

ガス給湯器は瞬間式なので貯水タンクを必要としないため、設置スペースを抑えられます。一方電気給湯器は、お湯を作る部分とお湯を貯める部分が必要なため、ガス給湯器に比べると設置スペースが多いです。

故障した場合の対処法

まずは給湯器の使用年数を調べてみましょう。もし耐用年数を超えてしまっている場合は、部品の故障が考えられるので業者に見てもらうことが必要です。もし凍結が原因である場合は、配管が破損している可能性があります。やはり修理が必要となるので、業者に確認してもらう方が確実です。

大阪の業者へ依頼する時の流れ

作業員

まずは業者に連絡

大阪エリアで給湯器が故障して業者に依頼する場合は、その業者が大阪エリアに対応しているかをチェックします。これはホームページや電話帳などで確認することができます。
対応可能であることを確認したら、電話やメールで修理依頼を出します。そのときに給湯器の製品番号や、リモコンに表示されているエラー番号を伝えておくと対応がスムーズです。

見積もりを受ける

業者が現地に到着してから故障内容をチェックします。そこで修理方法が検討され、見積もりが作られます。その内容に納得すれば、その場で修理が始まります。しかし、場合によっては給湯器の交換が必要となることがあります。その場合は、改めて見積もりの作成を行ってくれるでしょう。見積もりに合意すれば、取り付け日時の確認となります。

動作確認を行い、修理費を支払う

修理が完了したらその場で動作確認を行います。動作確認が問題なければ、修理費の支払いです。修理費の支払い方法は申込時に確認しておくことをおすすめします。
そして、給湯器交換の場合、取り付け工事が完了したら動作確認を行います。動作確認完了後に、給湯器の代金と施工費の支払いを行います。この場合も予め支払い方法を確認しておきましょう。

修理と交換のタイミング【給湯器の利用手引き】

給湯器

給湯器の寿命と交換するタイミング

給湯機が故障する原因でも述べたように、耐用年数は8〜10年程度といわれています。そのため、10年以上経過した給湯器は故障することが多く、業者から交換するように勧められることが一般的です。
また耐用年数が過ぎた給湯器は修理するよりも、交換したほうが得になることがあります。何故なら故障が頻発し、その都度修理代を出すよりも思い切って新品に交換したほうが無駄な出費を抑えることができるからです。さらに古い給湯器だと部品がなかなか手に入らず、修理に時間がかかることがあります。